PC

PC

PC・デジタルガジェット好きにおすすめのインフォメーション。

PC_INFO

ユーザー側から開発側へ。
なんだかんだ言っても稼ぎに役立つのはスマホよりPC!

イメージ

私がパソコンを使い続ける理由と、
おすすめする理由

その理由はズバリ、「スマホ」は主として「ユーザー側」「サービスを享受する側」、いわゆる「消費的」デバイスだからです。 パソコンは使い方次第で価値やサービスを「作り出し」、「デベロッパー」や「デザイナー」として「発信」することができる。 つまり(現時点では)スマホより生産性が高く、平たくいえば「稼ぎに役立つデバイス」だということ。 これが私自身がPCを好み、他者におすすめする理由。

自らが必要とするものを、自らのPC操作で創作できることは、ヘタな資格よりはるかにワイドな可能性と価値がある、と考えています。 無論、デバイスが進化して、創作能力においてPCと同等かそれ以上の能力を持つ、まったく別の何かがデファクト・スタンダードになれば、 私の興味もそちらへシフトしますが、今しばらくはまだ「パソコン」はおすすめです。 こんな便利な道具、ありません。

自宅で学べるオンラインスクールで、プログラミングやデザインを学ぶ。
コロナ禍が終わっても、感染症災害に終わりはない。デジタル次元での戦い方を学ぼう

イメージ

不確実性が常態化した現代において、
デジタル系スキルはおさえておきたいスキルのひとつ

所得の低減、格差拡大、そして新型コロナウイルスにみる、突如としてあらわれる危機とそれによる急激な世の変移。世の流れは今後ますます不確実性が顕著になり、それが常態化していくと思われます。最悪の事態に、国や会社に頼らず独りでもサバイバル可能な能力、独戦力はいまや必須です。

RPA(Robotic Process Automation)にAI、また、低付加価値の人材は企業側にとっても負担となり、「45歳リストラ時代」というような、雇用の縮退・流動化は加速していく傾向にあるとみるのが妥当ではないでしょうか。ライオンやハイエナのうろつくサバンナで学歴や企業の看板にしがみついているインパラでは、とうていサバイバルなどできないことでしょう。世が人間への高コストを避け、デジタル化に傾倒していくなかでは、武器はそこに滑り込ませることができるもの、つまりデジタル関連技術ということにならざるをえません。単独でも小部隊でも戦えるゲリラ的戦力、独戦力として、あるいは今後、想定不可能な危機の際、どのような職業であっても保険的スキルとして価値が見込めるデジタル関連技術をひとつ手に入れておくことは、知的武装とよべる武器になるだろうと考えます。

ぶっちゃけ、プログラミングって?

イメージ

そもそも「プログラミング」とはどんなものなのか、学んで何をするのか、といった原点的な疑問もあると思われます。そこで話をわかりやすくするために「時計」にたとえてみましょう。時計におけるプログラミングの役割は、「精確に時間を計ること」があります。秒・分・時の単位を計り、その他、自動時刻補正、コンパス、気圧測定等、時計にもとめられる様々な機能が働くよう、時計にそれらを仕込む。これが時計におけるプログラミングの役割の一部です。「働きをつくる」といえばわかりやすいかもしれません。

自宅で学べるオンラインのプログラミングスクール【TechAcademy】|プログラミングコースのご紹介

ぶっちゃけ、デザインって?

イメージ

プログラミングに引き続き、「デザイン」も「時計」にたとえてみます。プログラミングが「働き」を作っても、それを人間が利用できなければ時計の意味がありません。そのためには、文字盤は見やすいか、腕に付けていても疲れない重さか、妙に角張っていて痛くならないか、付けることで手首まわりが美しく見えるか等、「人と実地への最終的な効果」を考え、総合的に造形する。これがデザインの役割の一部です。UI、UXの「U(User)」というのは人間とその実地のことでもあるといえばわかりやすいかもしれません。

自宅で学べるオンラインのプログラミングスクール【TechAcademy】|デザインコースのご紹介

よく「プログラミングとデザイン、どちらを学ぶのが良いか」といわれます。そして「どちらのほうがより良い収入につながるか」という判断基準が挙げられますが、私の(約20年の)制作現場経験からいえば、「いずれにせよ向き不向きがあり、性に合って面白みを感じられなければ伸びませんし続きません」というのが結論です。自身が面白みを感じられること、ハードルを越えることを楽しめることが、もっとも重要で効率的でもあると思います。

自宅で学べるオンラインのプログラミングスクール【TechAcademy】のご紹介

「目的」と「予算」を明確にしたら「道具(PC)」は素直に目的への最短のパスを描くものを選ぶ。
Mac派、Windows派なんて、些末なこだわりより成果(結果)を重視

イメージ

クリエイティブ系のPC選びのコツ

よく、未だに「クリエイティブ系の人はMacじゃないんですか?」といわれますが、私がMacを使っていたのは「G4」までで、後はずっとWindowsです。 その理由はシンプル。コストパフォーマンスが良いから。 今さらMacとWinで迷う時代でもないと思っていて、そんな呑気なこと(ブランド志向)に執着していたら、グローバリズムやらAIやらがドカドカ入ってきている昨今の群雄割拠の乱戦状態の情報次元で生き残れないと思っています。

「目的」と「予算」を明確にしたら、「道具(PC)」は素直に目的への最短のパスを描くものを選ぶ、というのが私の考えです。 眺めるだけで機能する美術工芸品でもあるまいし、目的を達するための手段として、有用性が第一義です。

私はデザイナーですが、グラフィックデザインやWeb系の2Dタスク(動画やポリゴンを扱わない)であれば、 予算内でのスペック・プライオリティを 最新世代のCPU&メモリ > グラフィックボード > その他 としています。 無論、2D描画も重いタスクを扱う場合はグラフィックボード「あり」ですが、並のタスクならなしでも充分いけます。 これは実体験からの個人的な感想ですが、タスクの最重量級が Adobe Photoshop なら、CPUパワー重視をおすすめします。 予算を投入するスペックはCPUとメモリを最優先に、グラフィックボード、ハードドライブの容量、そしてその他の機能という順でチェックしています。

ディレクターズセレクト

14型モバイルのフラッグシップモデル。モデル選択のアイデアとしては、個人的にはモバイルノートで「4K」は必要ない(バッテリーを食う等)と考えるのでFHD(1920×1080)。メモリは16GBを選択。ハードの注目点としては、ディスプレイ上部のベゼル部分にある4つの360°全方位マイク。4メートル先の音声もクリアに集音するということで、これはリモートワーク等で、自分一人ではない、小グループ間でのビデオ会議など、周囲のメンバーの声も拾うことができ、ポストコロナで価値が上がった機能といえるだろう。

ThinkPad X1 Carbon(2019)

ディレクターズセレクト

モデル選択において「第10世代インテル Core i7」「メモリ16GB」を選んでおけばパフォーマンスは問題ない。CPU内蔵の「インテル Iris Plus グラフィックス」は NVIDIA GeForce GTX675MX と同等のベンチマークでグラフィックスのパワーもある。リモートワーク・テレワークにおいてもマシンのパワー不足を感じることはまずないだろう。

Yoga Slim 750i|14型

ディレクターズセレクト

モビリティ重視なら「Yoga Slim 750i|14型」、画面の広さ重視なら「Yoga Slim 750i|15.6型」という選択基準になるだろうか。「14型」同様、モデル選択において「第10世代インテル Core i7」「メモリ16GB」を選択することをおすすめする。部屋間程度の移動であれば15.6型でも苦になることはないと思われるので、自身のスタイルに合わせて選びたいところ。

Yoga Slim 750i |15.6型

[ レノボ・ジャパン ]
スマホよりゆるく使える小さめタブレットの魅力。
・薄型軽量ボディの7.0型タブレット
・スタイリッシュなメタルボディ
・狭額縁、広視野角IPSディスプレイ
・最新のAndroid™ 9.0 Goを搭載
・ブルーライトを低減する技術を搭載

Lenovo Tab M7

[ レノボ・ジャパン ]
ブラウズ時にスマホより情報の一覧性があり、エンタメの迫力もある8インチタブレットは、インドアでもアウトドアでも重宝する。
・8.0型ワイドIPSパネル(1280x800ドット)
・薄さ8.9 mm、重さ約320gのスリムボディ
・ドルビーアトモス搭載

Lenovo Tab E8

[ レノボ・ジャパン ]
スマホでは迫力不足、PCより手軽。エンタメ専用機に使いやすい10インチ級タブレット。
・10.1型ワイドIPSパネル(1280 x 800)
・ドルビーアトモス対応ステレオスピーカーを搭載
・別々のアカウントを設定可能なマルチユーザー対応

Lenovo Tab E10