イメージを吸ってラリる社会|マンモンの支配する狂宴

東京2020オリンピックにみる、
イメージを吸ってラリる社会

私はオリンピックに関心はないが、東京オリンピックは2021年に延期になった今でも「東京2020オリンピック」と表記するようだ。このことは「東京2020オリンピック競技大会公式ウェブサイト」で確認できるので、この記事でも「東京2020オリンピック」とする。

そんなことはさておき、コロナ禍という感染症災害下でオリンピックを開催することの是非について、世間は喧喧諤諤やっているが、そのなかで聞き捨てならぬ声がある。それは、
「さらなる延期は大会に合わせて調整を必要とする選手にとってどうか」とか、
「目標に向けて努力を積み重ねた選手のためにも開催すべきだ」とか、
「スポーツをとおして世界がひとつになる平和の祭典である」とか、
どうも日本人には「スポ根(スポーツと根性)」をことさら美風とする偏りがあるのではないか。しかもそれが群集心理の追い風を受けると、さらに増長するようである。普段、個人であれば「風邪気味だからジョギングは休もう」と判断する人でも、オリンピックのような大規模な群衆カーニバルとなると話が別になるのだろうか。

まあ実際には「カネ」の背景をあからさまにしたくない表向きのブラフ(こけおどし、はったり、bluff)なのだろうが、それにしても、である。

営業マンが取引相手を訪問する際、霧吹きで顔面に汗の演出をし、それを熱意と誠意の象徴とし、相手の情にうったえるという、嘘か真かわからぬ話を聞くが、オリンピックの騒ぎのなかで「スポ根」を称美する声が正論然として大手を振っているのをみれば、あながち冗談でもないのだろう。「スポ根」はもはやジャパニーズ・ドグマ、イメージであり「空気」である。

イメージがあらゆるものをラッピングする。あらゆる観念を平板化させ、立体性を消しさる。

オトナの運動会が健全なだけでいられるわけがない

オリンピックでは毎度のことだが、「東京2020オリンピック」でも大会組織委員会から16万個のコンドームが選手村に向け配布されるという。血と汗と涙の特訓の日々、艱難辛苦を乗り越えて、ようやくたどりつくオリンピックの晴れ舞台は、「スポ根漫画」の主人公のように、努力の末、オリジナルの必殺技を会得し、ライバルに勝利するというような感動の舞台だと考えている者は、舞台裏を知らなすぎる、稚拙な単焦点しかもちあわせていないといわざるをえない。人間音痴であり、視界の平板化である。

イメージ

「平和の祭典」などというのも、まったく歯が浮くような言葉である。「平和の祭典」ならぬ「平和の茶番」が人類のお家芸であることは、歴史が証明しているではないか。たとえば、スポーツではなく音楽の世界においては、1985年のUSAフォー・アフリカによる『We Are the World』は、その平和的メッセージも、曲としても素晴らしいものだった。しかし実際には、1985年といえば、当時のアメリカのレーガン政権は敵対国ソ連の脅威が低下したことを見計らい、ソ連のゴルバチョフと戦略攻撃核兵器の50%削減努力を大筋で合意し、中距離核戦力にかんしても仮条約を締結したが、これは虎視眈眈、虚虚実実のニュークリア・ゲームの、いわば「平和の茶番」であり、実際は新たな核時代へ駒を進めた出来事だろう。

「日本国憲法第9条」があるからこそ日本は平和なのだと信じている者もまた、イメージを吸ってラリっているにすぎない。覇を唱える国が、他国の憲法を慮って平和的にうったえるであろうなどと、ただの空想である。それで平和が実現するならば、世界中が日本国憲法第9条をコピー・アンド・ペーストし、人類世界はとっくに大団円をむかえている。実際には、日本の公共的資本をはじめとする国体の切売りと、アメリカの保護領たるがゆえの、背後にあるアメリカの経済力と軍事力などが日本の対外的均衡をかろうじて、消極的に支えているにすぎない。

「東京2020オリンピック」の強行においても、日本の「海外ファースト」は1854年、ペリー率いる合衆国東インド艦隊の圧力に屈し、下田と函館を開港した時点から変わらぬ一貫した態度である。日本人に犠牲を強いる一方で、海外・列強の「カネ」の流れの潤滑油だけは絶やさない。「人類がコロナ禍を克服した象徴としてオリンピックを開催したい」などと、これをイメージといわずしてなんという。そんなチープなイメージに絆(ほだ)される者をといわずしてなんという。

イメージを吸ってラリってそれに与する者は、粛粛とその隊列に従い、萎縮・緊縮の歩みに従うしかない。燻(くゆ)るイメージの煙を払う気がないのなら、しょうがない。イメージの嚮導のもと、平板な低次の道を行くしかなかろう。

表舞台では感動の汗と涙が流れるが、舞台裏では別の体液が流れ、倫理的に疑わしい厖大なカネが流れることを、成人ならば誰でも常識として扱えといいたい。艱難辛苦など、生きている人間のほとんどが抱えるデフォルト(標準状態、default)である。アスリートの努力劇のみに偏頗な感情を抱くのは職業的偏見とする視座もあるのだ。飲食業や宿泊業にはとくに制限を課し、艱難辛苦に耐えるよう要請し、片やスポットをあてた者たちにはコンドームを配ることのどこが「平和の祭典」だというのか。オリンピックにかぎらず、「平和の茶番」を認識し、舞台には必ず舞台裏があることを認識し、人間の心と社会が現在、マンモン(mammon)★1、すなわち「カネ」に信仰を奪われているというきわめて嘆かわしい惨事のなかにあることを知り、受け止め、自尊と自存をかけた態度、発言を一人ひとりが表現しないかぎり、マンモンの支配はつづくだろう。人類が絶滅するまで。

真に平和の祭典など、この世に存在しない

冒頭、東京オリンピックは2021年開催でも「東京2020オリンピック」と表記することを書いたが、これにしても、おそらくはすでに「2020」で作られた制作物の「2021」への修正にともなうコストを鑑みてのことで、何のことはない「カネ」に従ったまでのことであろう。

かつてその頂には神々が住んだといわれる山「オリンポス」。現在はその頂にマンモンが棲みつき、イメージばかりを吸ってラリって頭がおかしくなってしまった人々が我先にと頂上を目指すマネーゲーム「人類2021オリンポス」である。

★1 マンモン【mammon】:新約聖書でマタイ福音書6章などに現れる語。(1)偶像としての富。(2)富の神。財神。(広辞苑第六版)

RELATED POSTS