余命1カ月でもソレをするか!?

来年のことを言うと鬼が笑う。
それ以上先のことを言うと、もっと笑う

老後2000万円問題」への「な……なんですってぇーっ!?」という世間のリアクションの大きさに、まず驚いた。 来年のことを言うと鬼が笑うということわざを平素使っているであろう人たちが、数年、数十年先の予言を聞いて青ざめているのである。 一年先に迫ったことは鬼と一緒に笑い飛ばせるのに、数十年先のことは笑い飛ばせないということを、鬼は笑って済ませてくれるだろうか。 「人生100年時代」という薄っぺらな言葉においても同様、まったく人というものは、AIなどはるかに超えた未来予測ができるのだと、じつは自分のおつむに相当な自信があるらしい。 そうか。なるほど。それならば、まさに今、その眉間のシワの原因になっている勤め先やパートナーのことも、どうぞお読みになればよかったのに、と鬼が言うかどうかはわからないが。

自分の余命は平均寿命ぐらいはあるだろうという思い込みが
人生に無駄や幻想を生む

今これを読んでいる人で、自分自身の一体何が、どれだけが、「平均」というものにぴたり一致しているだろう、と考えてみてほしい。 身長や体重、体脂肪率や一日の摂取カロリーはどうか。 あるいは年収はどうか。それ以上高くても低くても、平均ではない。 価値観はどうか。ネット広告のユーザー属性ターゲティングで、私は35~44歳となっているようだが、琴線に触れた広告など一度も表示されたことがない。 にもかかわらず、「平均」という得体の知れない「基準のようなもの」をどこか信じて、ものさしにして、多くの人が気分を上げたり下げたりしている。 平均が現実の、自らの人生において、大して役に立たないものであることは、あれもこれも挙げればきりがないというのに。

ゴシップや取るに足らないようなことに夢中になれるのは、ひとつに、自分には潤沢な持ち時間がある、という潜在的な思い込みがあるからではなかろうか。 自分の余命は平均寿命ぐらいはあるだろうという思い込みが。 そうでもなければ、人生100年時代という太いゴシック体の見出しに踊らされたり、他人の恋路のドラマを窃視している暇などないはずだ。 命の持ち時間までも、自分には平均ぐらいはあるだろうという、じつは何の根拠もない思い込みが、人生に無駄な時間や行為を生み、無駄な幻想や後悔や恐れを生む源泉となっているのではないかと思う。

事故やその他で死にかけた、一命をとりとめた人間からすれば、人間は死ぬ時は死ぬ。一瞬で。あっけないほどに。そのことを身に染みてわかっている。 マリオが出会い頭のノコノコにぶつかって死んでしまうのと、何も変わるところはない。 そして、むしろ楽観よりも達観的な視座から一日の思いと行いを選び取っていくほうが、はるかに幸福密度を上げられるものだと、私自身は実践からそう確信している。

イメージ

余命1カ月でも「ソレ」をするかどうか

結局のところ、私は「ソレ」をするかどうか迷った時、「余命1カ月」を想定、ものさしにすることが多い。 「余命1カ月」と想定してみて、「ソレ」に時間や精神、お金を使うことは価値がないか、あるいはもったいない、と感じるのであれば、さして重要なことではないとして、「ソレ」をしない。 とはいえ、来月以降の生活費を考えもせず暮らすことはできないし、「余命1カ月ものさし」は後は野となれ山となれを標榜することではない。 たとえば「余命1カ月」でも働いてみたい職場かどうかを自問し、それでも働きたいと思える職場は、きっとその人の幸福に資する職場であるだろうし、「余命1カ月」でもやってみたいことには、きっとチャレンジする価値がある。 「余命1カ月」だとしたら、あいつと飲みに行って、くっちゃべる時間などない!と思う相手は、そこまで重要ではないということだろう。 つまり「余命1カ月ものさし」によって、幸福密度の高い時間の使い方や選択ができ、そんな気持ちや考えで日々を送っていれば、きっと数年、数十年先の予言に振り回されることのない考え方や人間関係、スキルや環境が醸成されていく確率はぐんと高くなるのではないか、ということで、私は平均という名のものさしより、このものさしを使うようにしている。

「余命1カ月」でも近所の野良ネコの相手はするだろうし、緑に水はやるだろうし、睡眠時間を削って何かをしようとも思わないだろう。 そう考えると、すでにけっこう多くの幸福を得ていることに気づき、それを得るためにどこか遠くへ出かける必要も、大金を用意する必要もなく、「余命1カ月」が現実となっても、今と何ら変わらない生活をするであろう自分は、やっぱり幸せなのだと、感謝への気づきにもなる。

鬼に「あんたの言うとおり、あれもこれも杞憂だったよ」と笑える未来にするためにできることは、今、この瞬間にあるものだと、私は思う。

RELATED POSTS