オサムシ的箱庭技術観 衰退国のレガシーな技術

モダンな技術、レガシーな技術。
新旧さまざまな技術グリッド

日本は今、超高齢化の道を突き進んでいる。 この道はそう簡単に変えられるものではないだろう。ほぼ既定路線だ。 そんな超高齢化しつつある光景を地方で目の当たりにしながら、世界のあちらこちらで盛り上がりをみせるテクノロジー関連のニュースを見るのは、何とも妙な感じだ。 「テクノロジー格差」というものも、これからどんどん大きくなっていくような気がする。

高齢者層には今でも「FAX」を使っている人がいるし、スマホやパソコンなど、まるで墜落したUFOから回収したエイリアンテクノロジーかのような距離感をもって「私らには関係ない若い人のもの」と割り切っているような人も見かける。 あるいはスマホ等を持ってはいても、それは息子や娘、あるいはショップの店頭で押し切られ、半ば強引に与えられたケースは多いようで、「がわ」だけスマホ、実行していることはガラケーの機能範囲、という人もいる。

どんなテクノロジーも最終的には人間との関係性に目的と機能が関係している以上、人のテクノロジーにたいするリテラシーはその地域一帯におけるテクノロジーのシェアに影響する、つまりリテラシーがテクノロジーの参入障壁となる可能性はあると考える。

今現在の流れを瞰るに、最新のスマホがスペックに応じてノートパソコンよりも高額になり、先進・先鋭のテクノロジーを利用するにはある程度それにちかい前提となる知識が必要だ。 このことは「超高齢化」と「衰退・貧困化」という2つの問題を抱えた日本にすれば、域性としてハイテク活性が下がるなか、巨視的には勢いのある国にテクノロジーのピラミッドの上層(先進・先鋭)を明け渡し、経済格差がそのままテクノロジー格差になる様を想像させる。

ただ、これを「憂うべきこと」というネガティブな一側面のみだとは考えていない。 むしろ今現在の「ついて来れない者は置いていく」ような、あるいは「後方互換性に乏しい急進的なさま」のほうがさまざまな亀裂を急速に拡大していくような気がしないでもない。

たしかに、IoT関連の技術は一般的にモダンな技術の方が市場における価値が高く、製品としてもビジネスパーソンとしても優位に立てることが多い。 そして突端ほど遷移も速く、常に新しいことを取り込み続ける必要性といったカロリーも高くなる傾向にある。
イメージ

ただ、誰もがその流れの先頭グループにいたいと考えるわけではなく、いられるものでもないので、ある程度レガシーな技術というものも後方で走っていられるという状況、たとえるならマラソンのように、一位を目指す先頭グループがある一方、後方で自己ベストを追求する人がいてもいいわけで、テクノロジーもそういうさまざまなレベル、多種多様なニーズに応えられる状態のほうが人の活躍の場の総数が増えるのではないだろうか。

老いてもコンテンポラリーダンスで踊り続けろって、
そんな無茶言っちゃいけないよ

たとえば、おじいちゃん、おばあちゃんが起業し、取引先もコミュニティもそのビジネス圏がレガシーなテクノロジーで回るなら、それでも良いと思う。 そもそも、日進月歩の「技術」に「老い」はないが、「人間」は誰しも「老い」というものを体験する。 社会的、文明的現象であるところの技術に、老いる生身の生き物が終生同期しつづけ、常に最先端的なパフォーマンスを維持する事など、求めるほうが残酷というものではないだろうか。 モダンからレガシー、時代の先端から時代遅れのもの、さまざまな技術や様式を上手く配置できるグリッドであるほうが「自然」に思える。 この国には東京スカイツリーも法隆寺もあり、どちらへ行きたいかは人それぞれ分かれるものだ。

つまりわかりやすくたとえるなら、最新式のプラズマ調理器で魚を焼きたい人はどうぞ、七輪で昔ながらの焼き方をしたい人はどうぞ、というように、人の価値観や経済状況次第でどの技術も選択できる、稼働できるグリッドのほうが、これは想像の域を出ないが、幸せを感じることができる人の総数も、経済的活動も、増えそうな気がする。 「まだFAX?ガラケー?退場!」 というような、テクノロジー1つをモダニズムの絶対的ものさしに掲げ、テクノロジーも人もそれでばっさばっさ切り捨てる「流れ」は、多種多様な生き物が共生する懐の深い川のような「流れ」とはかけはなれた、冷たい、生命感のなさのようなものを感じるのだ。 「稼ぎたいならモダンな環境、流れに乗り、自分らしさやこだわりを貫くならレガシーもいいんじゃない?」 ぐらいならルート選択の話で中立的だと思うのだけれども、先頭グループ以外は失格、というのはちょっとやりすぎというか高圧的ではないだろうか。

イメージ

人は誰しも向き不向き、得手不得手がある。
それはごく自然なこと

「先進・先鋭のテクノロジーが下手・苦手」なことは「歌が下手・苦手」や「料理が下手・苦手」などと本質的には同じようなものであって、その一芸が達者でないからと社会から切り捨てるような基準は「テクノカルト」的な偏りがあると感じるし、それはかつての「英語ができれば晴れてグローバル社会の一員」というようなものと変わらない気がしてならない。 そして、今となってはあきらかになったことだけれども、英語が達者なだけでは構造的な事情や複雑な問題だらけの世知辛い世界の荒波をスイスイと泳ぎ切ることはできないのだ。

急進的で狭量な考えは、ある時、何かの都合で既存のピラミッドが90度か180度か回転するような、そんな大きな変化、衝撃があった時、それを吸収あるいは分散させることができないだろう。多種多様な、モダンもレガシーも走っているグリッドというのは、今は花形の立場だったとしても明日どうなるかわからないという、謙虚というより現実的な視座からみるに、それは柔軟さであり寛容さでもあり強靭さでもあり、ペンで引いた線1本から踏み外れることを許さないような綱渡りよりも、グラデーションのような階調をもったゆるさと幅のある、より太くセーフティな道に思える。

この先の時代が、野の生き物のように死ぬまで自力で生きることを余儀なくされる方向であればあるほど、技術の新旧ごときで諍(いさか)うのではなく、明日は我が身、十人十色、もう少し懐深く、誰もが千変万化する状況のなかで自分にフィットしたテクノロジーをその時々自由に選択できる、そういう技術グリッドの良さもあると私は思う。

RELATED POSTS