21/03/05 メジロの可愛らしさは五つ星★★★★★

PICK UP

RECENT POSTS

21世紀のソフトスラムを構想する 日本はもはやブレーキングポイント(限界点、破壊点)を越え、ソフトランディング(軟着陸)不可能な域に達しただろう。もはや決死的ハードランディング(硬着陸)に向き合うしかない。それがソフトスラム構想である――

・国体のネクローシス(局部的壊死、necrosis)の拡大を黙殺しつづける緊縮財政、新自由主義にロックインされた観念と機制、不戦の契を不磨の大典とし、パワーレス国家を理想国家と美称する観念、イノベーショナリズムの詐術的創造のための破壊行為と躁狂になんらの疑念も批評も向けることのない世人、世態の瀰漫...

ソフトスラムの定義は、「無生物的社会」よりはまだましな本来性と文化性、実体感をもった、市場(しじょう)的ではなく市場(いちば)的、新奇性より親和性に価値をおく小規模社会だと考える...

・畢竟するに、他律の偽計の上の安寧に身を委ねることに生の流失を感じ、主体を有する感覚を人間の本来的価値とする、その選択である...

「独りになりなさい」。昏冥の出口の穴は、独りでなければ抜けられない。

トレンドに蝟集することは、じつに恥ずかしいことである。なぜならそれはガウス分布において大勢を示す0σあたりの表象だからである。

人工甘味料の愚を語る。

瞑想ではない、目を閉じず、なんとなく受け入れる「明想」に私自身の道を観る。

知性もまた肉体に縛り付けられたものである。

アシスタントの、多くは女性のその扱い、役付けに、女性は腹を立ててもいいのではないか。

ネット界隈の「炎上」なるもの、その多くの「火口」は「怨情」であろう。

文明の冬には、言の葉も死にいたるようだ。言の葉は「病葉」となり、会話や社交といった営みも、児戯に類する営みとなった。

マスクから鼻をモロ出しにして「ウレタンマスクはまるでダメだ。飛沫を防げやしない」と語る人を見ていて、これは新しいマスクの誕生だと思った。

INFO

自らのデザイン×センスを娯しむ。素娯録ブックスは、心にキラリときたものを本棚のように置いていきます。

価値やサービスを作り出し、「デベロッパー側」や「デザイナー側」として「発信」するには、スマホよりもやっぱりPC(パソコン)。

"人類史上初めて、自分自身を経営する責任を負わされる時代" だと、P.F.ドラッカーは語った。